« 2010年2月 | トップページ

2010年10月

ヘキサゴン、修復不可能な人間関係!視聴率低迷もあり打ち切り説も

(以下「週刊実話」より引用)

実は番組の視聴率低迷よりもメンバーの人間関係が修復できない状態に陥っていたのだ

某放送作家が証言する。

「今回、入籍を発表した藤本と木下の2人ですが、木下は元々、同じファミリーの上地雄輔との熱愛報道の方が先だった。

藤本が色々と相談に乗っている内に木下心変わりしたというのが定説なんです。

現在、藤本は何気ない顔で上地と顔を合わせているが内心は穏やかではないはず。

本心は1日でも早く上地から木下を遠ざけたいと思っているのです。“元鞘”という言葉がありますから」

さらにこんな声も漏れている。

「木下と上地が別れたとき、猛プッシュを掛けたのが、misono

ところがこれを木下が気に入らず親友の里田と共にmisonoを無視しはじめた

いまだにVS misonoという構図は変わっていない」(番組事情通)

|

叶姉妹の超豪華服はレンタル!DT浜田がうっかり暴露!

9月15日(水)に放送されたTBS『イチハチ お坊ちゃまお嬢様お育ち芸能人NO.1決定戦SP!』にて、

司会を務めるダウンタウン浜田雅功が、うっかり失言をしてしまい・・・

(以下「リアルライブ」より引用)

この放送回のテーマは、お坊ちゃま・お嬢様育ちの芸能人を集めて、

彼らの非常識な体験をいじるという主旨であったのだが、その中で浜田がうっかり

(衣装なんか)叶姉妹のように借りればいいのに」と発言、現場に一瞬、ひやりとした空気が流れた

叶姉妹といえば、同じく浜田雅功が司会を務める日本テレビ『ダウンタウンDX』に定期的に

出演しており、彼女たちの豪華な衣装や装飾品に視聴者が溜息を漏らすのが、ひとつのお約束になっている

もちろん、視聴者も馬鹿ではないので、叶姉妹のキャラクター設定がすべて事実だとは
思っていないだろうが、

ひと時の夢を見させてくれる叶姉妹のタレント性を楽しみにしているファンも多い。

それにも関わらず、彼女たちの世界観を壊す浜田の発言は同じタレントとしていかがなものかと、

叶姉妹のファンを中心に疑問の声があがっているのだ

他のタレントに配慮した司会を心がけてもらいたい。

|

【今一つ違いがわからないもの】オーデコロンとオードトワレの違いって?

Yahoo!の「今一つ違いが分からないものランキング」10位に上がっていました。

調べてみると、

フレグランスの種類は、香水、オーデパルファン、オードトワレ、オーデコロンがあります。

香りが長続きするのは、なんといっても香水ですね。

香料の濃度が一番多く、アルコール純度も高いです。

その反対に、オーデコロンは、香料の濃度が一番少ないので、香りも長続きしません。

オードトワレの香料濃度は、オーデコロンのおよそ2倍くらいで、香りの持続時間も長くなります。

もちろん、オードトワレの方がアルコールの濃度も高いです。

オードトワレはお値段もお手頃で、気軽につけることができます。

オーデコロンは香りが長続きしないので、少し物足りないかもしれませんが、オードトワレは、半日くらいは香りを楽しむことができます。

香りを上手に楽しむには、オーデコロンとオードトワレを使い分けるといいかも知れませんね。

とのことでした。

ついでに人気の香水も調べてみました。

|

沢尻エリカ、小橋賢司と不倫旅行で仕事をドタキャン!?

先日、“お騒がせ女王”沢尻エリカ(24)が、出演するCMの発表会をドタキャンした。

理由は高熱としていたが、その真相は、「旅行の日程と重なったから」という

(以下「週刊大衆」より引用)

ある広告関係者が、こう声を潜める。

「一説によると、ドタキャンの本当の理由は、元カレでDJの小橋賢司と、

アメリカからメキシコへの旅行に旅立つ日と重なったからだといわれているんです

沢尻と小橋は、都内の会員制のバーで密会したり

小橋がDJを務めるクラブに沢尻が
頻繁に通うのが目撃
されるなど、何かと親密ぶりが聞こえてくる仲だ

「先日、クルーズ船を貸しきって船上パーティーをした際も、推定Eカップの豊乳から、

ヒップのラインまで完璧にわかる黒のドレスに身を包んだ沢尻が、

小橋と2人でVIPスペースに閉じ籠もって、しばらく出てこなかったとか

このCMの仕事をセットしたのは高城氏だといわれているだけに、エリカ様のドタキャンは、

もしかして“訣別宣伝”の一環だった!?

タイヨウ...

タイヨウ...

価格:1,100円(税込、送料別)

|

「少女時代」「KARA」紅白出場?!

早くも大晦日のNHK紅白歌合戦に関する情報が飛び交っている

(以下「週間実話」より引用)

話題の韓国ガールズグループの出場が確実視される一方、そのとばっちりで、
アニメ枠がゼロになりそうなのだ

すでに関係者の間で“出場内定”とまでいわれるのが、「KARA」と「少女時代」の2組。

(略)

「なぜかNHK『ニュースウォッチ9』のトップで報じられた。円高や民主党代表戦を差し置いた扱いから、

韓国ガールズグループ紅白出場はほぼ確定”と受け取った業界関係者は多い(音楽誌記者)

そんな新勢力台頭の陰で隅に追いやられそうなのが、演歌とアニメ枠なのだ。

「今年は韓流美女軍団が入り、必然的に演歌枠が減る。紅白出場が地方公演などのギャラに直接関わるので、問題は深刻です(レコード会社関係者)

少女時代到来 New Beginning of Gir...

少女時代到来 New Beginning of Gir...

価格:3,591円(税込、送料別)

|

上戸彩、森田剛と破局で事務所が大喜び?!

一部スポーツ紙で、女優の上戸彩とV6の森田剛今年5月ごろまでに破局していたことが報じられた

(以下「リアルライブ」より引用)

「2人とも多忙ですれ違いが続き、結婚観の違いなどから交際にピリオドを打ったようだ」

(週刊誌記者)というが、2人は02年の熱愛発覚か8年近く交際。

これまでもたびたび破局が報じられたが、今年4月には2人とも報道陣に対して初めて真剣交際を認めたため、

年内のゴールインもささやかれていたが、今年7月には女性誌で本格的な破局危機を迎えていることが報じられていた

「上戸に森田の夜遊び好きなどあることないことを吹き込む人もいたようで、

気持ちが揺らいだ上戸は『本当に私のことを好きなのか』、『結婚する気はあるのか』などとさんざん問いただしたが

、森田はいつまで経ってものらりくらりかわすだけ。

そんな森田に愛想を尽かした上戸から別れを切り出したようだ」(ドラマ制作関係者)

もともと、2人の交際に猛反対していたのは上戸の事務所の方で、

「森田と会う時間がないように詰め込めれるだけのスケジュールを詰め込んだ。

それでも、上戸は別れると言わなかったので半ばあきらめて交際を黙認するしかなかった」(同)というが、

上戸は年々忙しくなる一方で、事務所の台所事情もあってフル稼働せざるを得ないというのだ

「事務所の先輩女優の米倉涼子、菊川怜が不調で、上戸ぐらいしかCMのオファーが来ない

上戸も事務所を背負っている自負があるのか、年々仕事に対する姿勢が変わってきた。

どんなに体調が悪くてもしっかり仕事をこなし、現場のスタッフへの気遣いを忘れない“プロ根性”はかなりのもの」(芸能プロ関係者)

男よりも仕事をとった上戸だが、当分恋をしているヒマはなさそうだ。

Happy Magic ~スマイ...

Happy Magic ~スマイ...

価格:4,253円(税込、送料別)

|

鬼束ちひろ、逆ナンパで即同棲していた!?暴行男との関係

歌手・鬼束ちひろ(29)の顔を殴り、床に叩きつけるなどして肋骨骨折など全治1ヶ月の怪我

負わせたとして、古宮裕輔(39)なる無職男が逮捕された。

(以下「週刊新潮」より引用)
「無職男と知り合ったのは、報じられている通り、わずか2週間前のこと。しかも、酒を飲んでいる席での、鬼束の“逆ナンパ”だったと聞いています

業界の事情通が言う。

「以来、2人は即、同棲に近い状態になりました

決して男の肩を持ったり暴力を肯定するわけではないですが、彼女のほうも、仕事が順調ではないこともあって最近ちょっと鬱のような状態でした。

それが、今回の事件の背景にあった可能性は否定できません」

ある芸能デスクも、

「鬼束は人見知りが激しいが、一度親しくなると相手が男でも女でも1日に何十回も電話したりメールを送ったりするようです

5年前、自宅マンションで花束を持った男が30分もインターホンを鳴らし続けるというストーカー被害に遭った頃からは、医者から抗うつ剤や睡眠薬を処方されるようになった。

新宿2丁目とか渋谷、恵比寿あたりで時々飲んでいるようですが、そこで睡眠薬が30~40錠も入ったビニール袋を取り出して、

周囲をドキリとさせたこともあるという。大量服薬による自殺未遂の過去があることを、本人が後に告白しています

LAS VE...

LAS VE...

価格:2,969円(税込、送料別)

|

浜崎あゆみ、シングル25作連続首位で歴代単独1位 松田聖子の記録22年ぶり更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101004-00000023-oric-musi オリコン引用

人気歌手・浜崎あゆみの50thシングル「L(Virgin Road/Sweet Season/Last angel)」(9月29日発売)が発売初週7.1万枚を売り上げ、10/11付週間シングルランキングで首位に初登場した。「Free&Easy」(2002年4月発売)以来、自身のシングル連続首位記録は25作連続となり、松田聖子が「風は秋色/Eighteen」(1980年)から「旅立ちはフリージア」(1988年)まで24作連続で記録した「連続首位獲得作品数」の女性アーティスト部門、ソロアーティスト部門の記録を22年ぶりに更新。

|

« 2010年2月 | トップページ